学校法人 門平学園 ゆりかご幼稚園

川口の幼稚園は「学校法人門平学園 ゆりかご幼稚園」

トップページ

ゆりかご幼稚園情報

教育目標

入園案内

年間のいろんな行事

特色ある保育

TOPICS

年少組

年中組

年長組

年少組のイベント

年中組のイベント

年長組のイベント

合宿特集

年少組

年少組

 

おかげさまで
創立65周年

 

全館冷暖房完備

 

地図はこちら

 

組の紹介

年長組
年中組
年少組

 

合宿の紹介

合宿特集

 

HOME»  TOPICS»  逆上がりをフジテレビで放映

逆上がりをフジテレビで放映

丸柄

 

逆上がりをフジテレビで放映

 

丸柄

 

体力・知力のSOS!?逆上がりができない子ども達を特捜せよ!

花

 

『フジテレビジョン 「とくダネ!」特捜部』
 

司会者:小倉智明(キャスター) / 笠井信輔(アナウンサー)
佐々木恭子(アナウンサー)
熊谷麻衣子(リポーター)

 

放映日:平成16年2月20日 午前9時27分から約20分

 

花

 

フジテレビジョン「とくダネ!」特捜部の取材スタッフから逆上がりの取材依頼があり、2月13日午前9時から午後5時過ぎまで、一日びっしり逆上がりの取材が行われました。

今回の逆上がりの取材は、単に逆上がりが出来ると云うことではなく、逆上がりを練習することで、大脳の前頭葉に何らかの変化が見られないかを、科学的に実験してみようと企画されたものです。

その為、この道の権威である日本体育大学名誉教授の正木健雄先生と、信州大学教育学部助教授寺沢宏次先生の研究室の学生さんが3名来園され(寺沢先生は学会出席のため欠席)、フジテレビのスタッフを含め大勢の方々による取材となりました。

こども達は年長組のみ、5人づつ約10分間実験に参加しましたが、皆真剣に取り組み取材スタッフ一同を感心させました。正木先生の評価は、めったに見ない素晴らしい子どもたちだと太鼓判を押されました。

逆上がりの実技は年長組の全員と、年中組の希望者がステージ上の鉄棒に挑戦し、ホールが子ども達の声援で割れんばかりに盛り上がり、迫力満点の感動の取材となりました。子ども達は持てる力を出し切り大成功であったと思います。
結果は年長組は95%、年中組も何と62%の子どもが成功し、驚異的な成功率でした。出来る子は空中逆上がりにも挑戦していました。大勢のスタッフは目を丸くしてスゴイ、スゴイの連発でした。

 

丸柄

 

逆上がりの効果は・・・

 

丸柄

 

 

1月25日に日教組第53次教育研究全国集会が開かれ、逆上がりができないある小学校の報告がありました。

 

花

 

読売新聞でも、小学生の9割の子が、逆上がりが出来ないことを『深刻』と報道。

 

花

 

そこで、この事態を重く受け止めたフジテレビの「とくダネ!特捜部」では、緊急指令として、逆上がりについて特捜しました。

 

花

 

以前までの小学校指導要領には、必修課題として、“鉄棒”“逆上がり”という項目が。
しかし、この項目が現在はありません。 

 

花

 

フジテレビが行なったアンケート結果。

「別に逆上がりが出来なくてもよい」
「他のことが出来ればよい」など・・・

 

花

 

では、逆上がりが出来るようになることで、どんな効果があるのでしょうか。

 

日体大名誉教授の正木先生は、「腕を使うことにより、大脳が活性化される」という。
大脳の中でも、前方に位置する『前頭葉』が特に、活性化する。

 

花

 

逆上がりが出来ると、何かが変わる!逆上がりの新事実・・・

 

go/no-goのテスト

この実験は、ロシアのノーベル賞科学者パブロフが開発したもので、日本では正木先生の研究グループが改良を重ね、専門家は日本体育大学、信州大学、東京理科大学などに、10人程しかいないと言われています。

 

この実験結果から、子どもの大脳活動の型を次の5つの型に分類します。

不活発型 興奮過程も抑制過程も備わっていない、車に例えるとアクセルもブレーキも備わっていない、幼児に多く見られる型です。
興奮型 アクセルだけを備え持ち、黄色では握ってはいけないのに、気がつくと握ってしまっているという特徴を持ちます。
抑制型 逆に、ブレーキだけを備え持ち、握らなくてはいけない赤ランプの時に握れないといった特徴を持ちます。
おっとり型 アクセルもブレーキも備わっているが、その切り替えが緩慢である型で、実験の第3段階で条件を逆にした時、急に間違いが多くなる特徴を持ちます。
活発型 アクセルもブレーキも備わり、その切り替えも速くほとんど間違いがない型で、大人に多く見られる特徴を持ちます。

 

これまでの研究では、不活発型は幼児に多く見られ、興奮型、抑制型を経て次第に大人に近い活発型へと移行していく傾向にあることがわかっています。

(信州大学教育学部助教授 寺沢宏次)

 

実験結果

活発型が全体の40%

活発型が全体の40%

 

活発型は最も大人の脳に近い

活発型は最も大人の脳に近い

 

この結果を受けて、正木先生は・・・

活発型というのがとても多いと思います

「活発型というのがとても多いと思います」

 

めったにこういう値はでない

めったにこういう値はでない

 

逆上がりが出来るようになったことへのインタビュー

いっぱいやればね、できると思ってた

「いっぱいやればね、できると思ってた」

 

みんなできるようになって悔しいと思った

「みんなできるようになって悔しいと思った」

 

『絶対上がるぞ』と思っていた

「『絶対上がるぞ』と思っていた」

 

放送日にみんなで観賞

放送日にみんなで観賞

 

花

 

取材風景

朝の自由遊びで逆上がりの練習

朝の自由遊びで逆上がりの練習

 

今日は体操教室で逆上がりのおさらい

今日は体操教室で逆上がりのおさらい

 

豆が出来た手の平をみせているところ

豆が出来た手の平をみせているところ

 

リポーターにディレクターが 指示を出しているところ

リポーターにディレクターが 指示を出しているところ

 

実験機材のセッティングが終わって談笑

実験機材のセッティングが終わって談笑

 

正木先生と信州大学の学生さん

正木先生と信州大学の学生さん

 

左から正木先生、ディレクターの小林さん、 リポーターの熊谷麻衣子さん

左から正木先生、ディレクターの小林さん、 リポーターの熊谷麻衣子さん

 

先生の指示に従い、赤又は黄色のランプが  ついたらゴム球を握ります。  また、握ってはいけない時もあります。

先生の指示に従い、赤又は黄色のランプがついたらゴム球を握ります。
また、握ってはいけない時もあります。

 

正木先生による go/no-go の実験(1)

正木先生による go/no-go の実験(1)

 

正木先生による go/no-goの実験(2)

正木先生による go/no-goの実験(2)

 

星柄

 

たくさんの子ども達が逆上がりなどで賞状を頂きました。

たくさんの子ども達が逆上がりなどで賞状を頂きました。

 

平成22年7月20日現在の記録

 

逆上がり

空中逆上がり

足掛け廻り10回

年長組

91%

61%

21%

年中組

76%

33%

(-)

年少組

36%

3%

(-)

満三歳児

(-)

(-)

(-)

 

星柄